涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

HSC

桜並木を歩きながら聞いた息子の友だちへの思いと不満

今日は、息子と桜を見ながら公園を散歩した。 桜の木は家の近所にもあるので、わざわざ公園に見に行かなくていいかなと思いながら、もうすぐ散ってしまいそうだったとしても、なぜか息子と一緒に桜並木を歩きたい衝動にかられた。 遠くから見れば満開に見え…

大好きな先生が異動になると知り、思い出したこと

今日、息子のスイミングスクールの付き添いで同行した。 レッスンの終了時間ごろロビーで息子を待っていたところ、息子と同じ小学校に通う児童のママたちの話し声が聞こえてきた。 「S先生、異動みたいだね」 「えーそうなんだ! ショック」 そうか。 4月1日…

小学校入学前の不安について振り返ってみた〜あるひとりのHSCの保護者として〜 

HSC(ひといちばい敏感な子)とは何か 私の息子は4月から小学5年生です。 おそらく5人に1人いると言われるHSC(ひといちばい敏感な子)だと思われます。 tearsmile24.hatenablog.com 「おそらく」と書いたのは、HSCというのは病気ではなく気質であるので…

せっかちな私とマイペースな息子の春休みの蜜月

息子の春休み4日目。 春休みは宿題はありませんが、4年生の学習の復習をやってほしくて、「学年のまとめ」の問題集をやるように勧めました。 少々、不服ではあるようですが、どうにか毎日取り組んでいます。 まとめの問題を解いていると苦手な部分がわかる…

HSCの小4の息子のスモールステップ〜ひとりで3時間半の留守番〜

今日、息子は初めてひとりで3時間半の留守番に挑戦し無事クリアしました! あ。 別に普通のことだって思った人多いですよね? 多分そうだと思います! でも、息子と私にとってはとても大きな出来事なんです! 同級生のお友だちの多くは、小2くらいの時から…

幼稚園でひとりでいることが多かった息子の気持ち

今日、予定通り息子の友だちが二人来て、ゲームをしてドーナツを食べて帰っていった。 ドーナツは、今日買ってきたものだ。 ミスタードーナツのお正月の福袋の中に「ドーナツ20個引換券」というのが入っていた。 その使用期限が3月末までだったので、「せ…

子育てハッピーセミナーにファシリテーターとして参加したこと

突然ですが、「子育てハッピーアドバイス」という本をご存知でしょうか? これです! 子育てハッピーアドバイス 作者: 明橋大二 出版社/メーカー: 1万年堂出版 発売日: 2005/12/01 メディア: 単行本 購入: 18人 クリック: 119回 この商品を含むブログ (133件…

息子が「初めて友だちの遊びに入れた日」のことを話してくれた

おとといの夜、おそらくHSCと思われる小4の息子がふと話してくれた話がとても印象的だった。 勇気を持って自分から、友だちに遊びの中に入れてと言えた日のことを話してくれたのだ。 3年生の途中くらいまで、学校の休み時間、息子はだいたい一人でぼんやり…

HSC書籍制作プロジェクト! 心の奥底に響くからこそ揺れる思い

HSC(ひといちばい敏感な子)書籍制作プロジェクトに参画して、約3ヶ月が経とうとしている。 今続々と原稿が完成していき、デザインなどを整える段階に入ってきていてチームとしても盛り上がっている。 私個人的には、本格的にリライトや記事を書き始めてか…

HSCの息子が5年かけて平泳ぎを泳げるようになって思うこと

やりました! とうとう息子、平泳ぎ合格しました!! ……と、この瞬間が来たら手放しで喜ぶと思っていましたが、なんとも複雑な心境なので、自分に戸惑っています。 背泳ぎが合格し、平泳ぎの練習をスタートしてから10ヶ月。 スイミングを習い始めてから、5年…

ママ友の発言に戸惑ってしまったこと

今日、ママ友数人と会って、うまく言葉が出てこないことがあった。 戸惑ってしまったのだ。 それは 「中学校とかで、『うちは、怒鳴る叱り方をしていないので、うちの子は怒鳴るような叱り方をされると困ります。だから、そういった指導はやめてください』っ…

『ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病』を読んで

数日かけて、ある本を読んだ。 それは、『ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖が及ぼす病』という本だ。 著者は精神科医である旦那さんの斎藤裕さんとカウンセラーである奥さんの斎藤暁子さん。 このお二人による「幸せ子育てセラピー本」ということだ。…

HSC書籍制作プロジェクト! モヤモヤの言語化がすごい!

こちらのブログで何度か書いているけれど、私は今「HSC書籍制作プロジェクト」に参画している。 20名近くいるメンバーの多くが、共同作業が必要な3つの章に分かれて作業を進めている。 中には、その3つのどれかのslackのグループに参加しながらも、主には他…

初めて働いた会社仲間の女子会で「HSC」について語ってみて感じたこと

昨夜は、懐かしい人たちと会った。 私が最初に社会人としてお世話になった銀行の支店の仲間だ。 私は銀行で働いていた12年9ヶ月の間に2回転勤して3店舗経験したのだけれど、その1店舗目の4年半一緒に働いていた同期先輩後輩パートスタッフさんたちが12名集ま…

息子が友だちの家にお呼ばれした日

昨日は、私たち親子にとって冒険の日だった。 息子が友だちの家にお呼ばれして遊びに行ったのだ。 あれ? もう小4だよね? と思われたかもしれないが、息子はHSC(ひといちばい敏感な子)という気質を持っているので、何事にも不安を感じやすく慎重なのだ。…

伝えたいことを絞るつらさを味わい中! HSC書籍制作プロジェクト!

クラウドファンディングで参加したHSCの書籍制作チームの一員となってから、2ヶ月が経つ。 記事のリライト、座談会の録音のテープ起こしの一部、さらに、それを読みやすく整えて記事にするということを担当させてもらっている。 頭を使い、時間も使っての作…

息子が、幼稚園よりも、小学校の方が好きな理由

今日、息子を、歯医者に連れて行きながら、ちょっと気になっていたことを聞いてみた。 「幼稚園と小学校だとさ、小学校の方が好きだって言ってたじゃない? それってなんでなんだろう? って思っていたから、ちょっと、質問しながら分析してもいい?」 母で…

専門家をお呼びした座談会に耳参加した日 ! HSC書籍制作プロジェクト!

ああ、何から書けばいいだろう。 今日は、とても、感動した。 今日は、参加している「HSC書籍制作プロジェクト」で企画した、ZOOMでの座談会の日だった。 「HSC書籍制作プロジェクト」では、slackという、ビジネス版のLINEのようなものを使ってる。 ちなみ、…

HSC書籍制作プロジェクト! ただ今、共創中!

HSC書籍制作プロジェクト! ただ今、共創中です! 「書籍を、共創していきます!」 そう、初めて言われたとき、あまりピンとこなかった。 共創って何? 漢字をみて、「共に創っていくこと」というのは、もちろんわかったけれど、うん、そうだよね、一緒に創…

ようやく! “HSC書籍制作プロジェクト”のリライト作業を開始したのだけれど……

1/15(火)に勤めていた会社を退職し、1/16(水)は、リスタートを前に、偶然予約していた美容院へ行って、髪の毛を切ってもらった。 そして、1/17(木)より、“HSC(ひといちばい敏感な子)書籍制作プロジェクト”の第1章のリライトの挑戦を開始した。 いよ…

天狼院書店で働いて学ばせてもらったこと

昨日、1年と4ヶ月半勤めた天狼院書店を辞めました。 天狼院書店のスタッフのみなさん、顧問税理士事務所のスタッフのみなさんには大変お世話になり、仕事を通して、たくさんのことを学ばせていただきました。 店頭に立つことはほとんどありませんでしたが、…

“HSC書籍制作プロジェクト” 第1章のリライトにチャレンジ決定!

参加中の“HSC書籍制作プロジェクト”の前回のミーティングで、主催者のkokokakuさんの旦那さまで精神科医の方が書かれた文章を、一般の人にもわかりやすく書くことに挑戦することになった。 「1章、2章、6章の中で、取り組みたい章や項目を選んでみてください…

“HSC書籍制作プロジェクト”の【Zoomミーティング】への初参加!

「ぜひ! チャレンジさせてください!」 気がついたら、そう言っていた。 今日のZoomでの打ち合わせの時、なんだかわからないけれど、やってみたい! って思いが湧き上がってきたのだ。 打ち合わせが終わってからも、私は、興奮状態だった。 旦那と、親しい…

“HSCを守りたい”プロジェクトを支援させていただきました!

「わ!」 camp-fire.jp このプレジェクトを知って、私は、息を飲んだ。 すごい! すごいよ! この活動をされているのはkokokakuさん。 HSCのお子さんの子育てをされているお母さんで、心理カウンセラーでもいらっしゃる方。 HSCを広めたい! 敏感で繊細な子…

紹介した本を買い求めてくれたこと

昨日は、昔の職場の仲間たちと会う機会がありました。 大好きだった先輩が、退職され、関連会社に出向されるのを、お祝いする会でした。 久しぶりで最初こそ、少し構えましたが、いつのまにか、昔と同じような空気感でお話できました。 本当に楽しい一日でし…

「今、話題の“HSC”が丸ごと学べる特別セミナー」に行ってきました!

今日は、午後から、「今、話題の“HSC”が丸ごと学べる特別セミナー」に行ってきました。 こちらの本の出版記念のセミナーです。 HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子 作者: 明橋大二,太田知子 出版社/メーカー: 1万年堂出版 発売日: 2018…

“HSCの子育てハッピーアドバイス”を読んで!

“親の育て方は、子どもの行動の「原因」ではなく、「結果」かもしれない” “過保護だから、保育園になかなかなじめないのではなく、もともと敏感な特性があって、新しい環境になかなかなじめない、不安が強い、だから、親御さんがしばらく子どもの相手をせざ…

「気にしないでいいよ」という言葉が、相手の気持ちを否定してしまう場合もあると知った!

HSC

昨日、HSP・HSC(ひといちばい敏感な人・子)についてブログを書いたら、たくさんの方に読んでいただけたようで、嬉しかったです! 本当にありがとうございました。 確かに、最近、HSPの本を、本屋でたくさん見かけるようになりました。 私の知る限りでもこ…

HSP・HSCについて学び直した日

HSC

みなさん、突然ですが、HSP・HSCのついてご存知でしょうか? 日本語では、「ひといちばい敏感な人・子」と訳されている、5人に1人はいると言われている敏感な気質を持つ人のことです。 詳しくは、2年ほど前に書いたブログを参考にしていただきたいのですが、…

「感動泣き」って素晴らしいけれど…

HSC

私が、最近見た映画で 心に残っているのは、 「インサイドヘッド」 そして、 「ベイマックス」 言わずと知れた感動ストーリー。 もちろん、 泣きました。 むしろ「感動」したくて、 わざわざ「泣き」に行った感じです。 「感動泣き」っていつからするように…