涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

発熱のため学校を休んだ息子との会話

一昨日の夜、息子は38.4度の熱を出し、昨日は小学校を休んだ。 そのため、昨日私が行くはずだったPTAの集まり(印刷などの作業をするための)に欠席する旨を連絡し、息子のスイミングスクールに欠席の連絡をした。 その後、遅く起きた息子に朝食を食べさせ、…

HSCの小5の息子の留守番〜少しずつ日常になっていく〜

約2ヶ月前に、こちらの記事を書いたのですが、これ以降、息子はだんだんと留守番を怖がらなくなりました。 tearsmile24.hatenablog.com 昨日も、息子に2時間ほど留守番をしてもらって、 PTAの卓球の練習に行ってきましたし、今日も、1時間半ほど留守番を…

今持っているリソースを使ってできること!

ここ数日で、襟を正す思いを何度もしました。 一言でいうと、現状は「自分の持っている経験や情報、知識を、それを知ることによって役立つかもしれないと思う人に、わかりやすく伝える努力を怠っている状態」ということです。 怠っている? というのは、ちょ…

眼鏡を購入店以外で調整する時、ちょっとドキドキしませんか?

今日は、息子を眼鏡屋に連れて行きました。 小5の息子は、2年前から「メガネ男子」です。 メガネを作った時のことはこちらのブログに書いてあります。 tearsmile24.hatenablog.com 息子はそれ以降、視力は回復していませんが、学校の視力検査に引っかかり…

肯定できなくても、「否定している自分」を見留めることから

今日は、つぶやきです。 すごく断片的な話なんですが、私は、人に評価を求めがちなところがあって、不安な気持ちでいることが多いのです。 嫌われたくない気持ちとか、周りの人が不機嫌にならないようにとか、周りの人のためにできるだけ気を使おうとか、そ…

スイミングスクールの練習日を他の曜日に振替てみた話

今日は、息子をスイミングに連れて行った。 いつもは水曜日だけれど、今週は木曜日に行ったのだ。 経緯はこうだ。 先週、「怒鳴るタイプで、泳ぎ方を力づくで直すタイプのコーチ」に、一日で辟易してしまった息子が 「もう、スイミングやめたい」 と言ってい…

息子の個人面談で「HSC」についての資料を渡してみました

今日は、息子の小学校の個人面談でした。 三者じゃなくて、保護者と先生の1対1の方です。 息子の先生は、新任で新人の女性の先生です。 新年度にそれを知った時、正直「大丈夫かな?」と不安になりました。 ベテランだから大丈夫で、新人だとよくないとい…

3年ぶりの胃カメラの結果は……

今日は、胃カメラを飲んできました! 実は3年前に、胃カメラと大腸内視鏡の検査をまとめてしたんですよね。 その時の記事がこちらです。 tearsmile24.hatenablog.com その時、胃カメラは1年後、大腸内視鏡は3年後に受けるように言われたのですが、胃カメ…

離任式で、息子の「恩人」を送り出しました

一昨日は離任式がありました。 息子が大変お世話になった先生も、この春異動になってしまったので、久しぶりの再会でした。 保護者は基本的には離任式に参加できないのですが、私は、現在PTAの本部役員の一人なので、PTA代表として先生に花束を送るという立…

『名探偵ピカチュウ』を家族で観にいきました!

今日は、家族で映画を観に行きました。 観たのは『名探偵ピカチュウ』。 「家族3人で映画観に行くの久しぶりだねー」 って呑気に言ったら 「3人で一緒に行くのは初めてじゃない?」 と旦那に言われ、びっくりしました! 「えー! そうかな? 一緒に行った…

『思わず考えちゃう』を読んで、自己肯定感が少し上がった気がした話

連日、本の読後の記事ですが、この本もとてもよかったので、ブログを書きたくなりました。 今日、めちゃくちゃスピーディーに読めちゃった本は、この本。 『思わず考えちゃう』ヨシタケシンスケ・著 新潮社 思わず考えちゃう 作者: ヨシタケシンスケ 出版社/…

『10代のための疲れた心がラクになる本』を読みました

『10代のための疲れた心がラクになる本』長沼睦雄・著 誠文堂新光社 を読みました。 10代のための疲れた心がラクになる本: 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法 作者: 長沼睦雄 出版社/メーカー: 誠文堂新光社 発売日: 2019/02/08 メディア:…

トマトなのにナスと比べて落ち込んでいないか?〜令和最初のつぶやき〜

ゴールデンウィークも5日目ですね。 半分過ぎました。 「まだ半分ある」と思う自分と「もう半分過ぎてしまった」と思う自分の両方がいます。 やるべきことが結構あるはずなんですが、なんとなくやる気にならず、大したことをしていないのに半分過ぎてしまい…

平成最後の日に気づいた「平成」への思い

ベタではあるけれど、今日は平成最後の日なので、やはり「平成」という時代を振り返ってみたい。 平成元年(1989年)1月、私は高校1年生の終わりだった。 全く改元あたりの記憶がないけれど、16歳だったのだということになる。 あ、繰り返しみているからか、…

HSP・HSCが広まりつつある中思うこと

HSP・HSCという概念がだんだんと広まってきている 最近、HSP(ひといちばい敏感な人)・HSC(ひといちばい敏感な子)という概念がだんだんと広まってきているのを感じています。 最近では、TOKYO MXテレビの「田村淳の訊きたい放題」という番組で「HSC」がと…

学校からもらってきた「視力検査結果のお知らせ」がD判定だった件

息子が先週の木曜日に学校からもらってきた「視力検査結果のお知らせ」の結果がD判定でした。 D判定とは、「0.3未満」です。 息子は約2年前に初めて眼鏡をかけることになりました。 だから、今回も「視力検査結果のお知らせ」をもらってくることはわかってい…

離任式の花束の予算

今日は、ゴールデンウィーク明けにある離任式で異動になった先生に渡す花束を予約しに行きました。 毎年花束はPTAからプレゼントするのですが、この準備をするのが会計の仕事なんです。 で、一昨年と昨年は、500円のハンカチと500円の花束を作ってもらってプ…

息子の初めてのバタフライの進級テスト!

今日は、少し色めき立って皮算用して、絶句してガッカリして、そして、反省した。 これは、小一時間ほどの中で起きた、私の感情の変化だ。 息子のスイミングスクールのテストを見学した時のことだった。 このブログにも何度も書いているのだけど、息子はスイ…

「文章を書く仕事がしたいんです」と言いながら……

「文章を書く仕事がしたい」 そう思っていた。 今も、そう思っていると思うのだけど、正直よくわからなくなっている。 少しばかり文章を書くことに慣れていて、ほんの少し書ける方なのではないかと思っていたのだけど、最近思い知ったんだ、自分は大したこと…

頑張っていない私でも、愛してくれた?

今日、実家の母と電話で話をした。 母はもうすぐ80歳。 2週間前には、緑内障と白内障で見えづらくなった目のために 「何にもすることなくなってしまって、つまらない毎日」 と母は言っていた。 その母が、今日は、少し前向きになって 「見えづらいなりに、今…

好きであることと、受け止めることは違う気がする

自分がやりたいからやっているはずのことが、本当は、やるべきという思いに囚われているのかもしれないと思うと、悲しい気持ちになる。 「〜したい」と「〜すべき」が混乱して、本当はどうしたいのかわからない。 考えすぎないで、とりあえず行動しよう。 そ…

新人さんに仕事を教えるにあたり気をつけてること

今日は、PTAの会計の仕事を新しい相方に教えた。 引き継いだと言いたいところだけれど、今年度は、彼女と二人で会計をやるから、引き継ぎではない、説明だ。 彼女は息子と同級生のお子さんの他に、その下にも二人お子さんがいる方だ。 まだ年度の初めなのに…

実は、少し焦っている母なのである〜小5の息子の塾に関して〜

息子はこの春小学5年生になりました。 クラス替えをして「前のクラスの方がよかった」と言いつつも、なんとかやっているようです。 ほんの少しだけ、4年生の最後の方よりも、家に帰ってきた後疲れている気はします。 春休みも、毎日少しずつではありますが…

PTA委員決めに立ち会った話

一昨日、昨日と、PTAの委員決めのお手伝いをしてきました。 昨年度中にすでに決まっている今年度のPTAの役員として。 これって、本当は先生が中心となって決めてくれるものみたいなんですが、新しくうちの学校に赴任してきたばかりの先生だったり、もともと…

まずは気づくことから……とはいえ

自分軸がなくて、他人軸であると自覚したり、認知の歪みが自分にあることに気がついたりと、最近落ち込むことが多かった。 まずは気づくことが大事だと思い直しみても、やはり閉塞感は否めなくて、気持ちが浮かなかった。 だけど生活は続いているから、とり…

息子のクラス替えで一番ショックを受けた人は……

今日は息子の始業式だった。 クラス替えがあった。 結論から言うと、微妙なクラスだった。 理由はいくつかあるのだけれど、一番問題なのは、息子よりも私がショックを受けていること。 課題を分離しないといけないのに、どっぷり息子の問題に気持ちが持って…

桜並木を歩きながら聞いた息子の友だちへの思いと不満

今日は、息子と桜を見ながら公園を散歩した。 桜の木は家の近所にもあるので、わざわざ公園に見に行かなくていいかなと思いながら、もうすぐ散ってしまいそうだったとしても、なぜか息子と一緒に桜並木を歩きたい衝動にかられた。 遠くから見れば満開に見え…

大好きな先生が異動になると知り、思い出したこと

今日、息子のスイミングスクールの付き添いで同行した。 レッスンの終了時間ごろロビーで息子を待っていたところ、息子と同じ小学校に通う児童のママたちの話し声が聞こえてきた。 「S先生、異動みたいだね」 「えーそうなんだ! ショック」 そうか。 4月1日…

対等でないと会話ってできないらしい

今、春休みで一日中息子と一緒に過ごす日々が続いている。 一緒にと言ってもずっと同じ部屋にいるわけではないので、もっと息子が小さい時みたいにずっと拘束されている感覚は薄いけれど、息子が学校に行っている時間よりは自由な感覚はない。 今年の1月まで…

私が注目している有名な人たちの共通点は?

私の周りには、結構ジャニーズが好きな同世代の友だちがたくさんいます。 嵐のファンクラブに入っている人も居れば、同じくファンである娘さんの影響でジャニーズJr.のほぼ全員の名前を覚えているという強者までいます。 私はといえば嵐はグループのみん…