涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

『ボヘミアンラプソディ』を4DXで観ました!

今日は、映画を観にいきました。

あの『ボヘミアンラプソディ』です。

 

私は、クイーンというバンドは名前は知っていましたが、どんな曲を奏でているかは、恥ずかしながら、よく知りませんでした。

 

息子と映画館のロビーに行った時に、『ボヘミアンラプソディ』のチラシに息子がとても興味を持っていて、私も釣られるように興味が湧きました。

 

チラシに載っていた曲名をYouTubeで検索してみたら、あ、この曲知っている! え? この曲も、クイーン? ってな感じで、親近感が出て、より映画を観たくなりました。

 

息子も興味があるのなら、一緒に観にいくかな? と思ったのですが、息子は、映画館で観ることを嫌がったので、じゃあ、私一人で観にいこうと、本日、寸暇を惜しんで赴いたというわけです。

 

近くの映画館では、いったい何時から上映されるのかと調べてみたら、思ったより、たくさんの時間帯がありました。

そして、その時初めて3種類の形があると知ったのです。

 

【標準2D】

【IMAX2D】

【4DX2D】

はて? どう違うの? と思い、映画館のHPを見てみました。

 

【標準】は、まあ、普通の感じなのはわかりました。

IMAX】は、一言でいうと「迫力の大スクリーン 驚異の映像クオリティ」ということらしく、【4DX】は、「動く座席、風、水、香りを体感せよ!」ということらしいのです。

 

標準以外は、それぞれ、追加料金がかかるようでしたが、せっかくなので、標準以外にしたくなりました。

少し迷いましたが、レディースデイで1100円に費用が抑えられたので、より追加料金が高く、しかも、明日までしか体験できない【4DX】にしました!

 

本来2800円のところ2100円とお得でした!

 

受付でチケットを見せると、まず驚いたことがありました。

座席に着く前に、荷物をロッカーに入れよ! というではありませんか!

危険なので、椅子の下や、通路に手荷物を置いてはいけないらしいのです。

ちょっとドキドキしてきました。

 

あ。言い忘れましたが、さすがに、椅子が動くのは知っていたので、乗り物酔いしやすい私は、酔い止めの薬を飲んでいきました。

映画を観るために、酔い止めを飲むのは、おかしいかもしれませんが、不安を抱えたまま乗る、いや、観るのは本意ではなかったので、自分としては、いい準備だと思います。

 

ハンカチと半券だけ持って、座席に向かいました。

 

ほとんどの人が手ぶらでなんだか、遊園地のアトラクションのようでした!

 

何編かの予告をみた後、4DXの説明の映像が流れ、激しい振動と水しぶきにやられ、ちょっと、おののきました。

 

しかし、本編は、もちろん、椅子が動いたり、香りがしたり、風が吹いたり、水にも濡れたけれど、説明の映像ほどの戸惑いはありませんでした。

アクション映画ではなかったからかもしれません。

ちょうど良い刺激でした。

 

音楽と連動したり、画面と連動して、臨場感あり、結果として、4DXでよかったです。

 

クイーンにあまり詳しくない私でしたが、充分楽しめました。

 

朝観たのに、夕方くらいまで、感動の心の揺れと、切ない思いでいっぱいでした。

 

クイーンを知っている人も、そうでない人にも、おすすめです。

 

そうそう、パンフレットが売り切れだったのですが、近くのカフェでランチした後、もう一度ダメ元で、売店をのぞいて観たら、再入荷していたので、迷わず購入しました。

 

しばらく、YouTubeで、クイーンの音楽を聴きまくることになりそうです。

 

サントラも検討中です!