涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

1日を振り返って……

怒っても仕方ない……

 

きっと何か事情があるんだろう……

 

ここはひとつ冷静に……

 

理不尽なことが起きた時、つい、相手の気持ちや事情を考えて、怒れなかった。

 

それで、自分がいいなら、いいんだと思っていたけど、大事にされなかった「私の気持ち」が、怒りを通り越し泣いている気がする。

 

対外的に、怒りを表さなくても、「私の気持ち」を、包むことはできるはず。

 

つらかったね。

悲しかったね。

頑張ったね。

 

そう言って、自分のことをハグしてみたら、少し落ち着いた。

 

怒って然るべき時に、怒れなかった自分が少し不甲斐ないけど、怒りを表さずに切り抜けた自分をゆるし、むしろ、誇りに思おう。

 

咄嗟の時に、相手の立場を思えることは、多分、悪くない。

 

後は、自分の気持ちにも、相手の気持ちと同じくらい、いや、それ以上に共感して、大切に扱おう。

 

それが、学べたんだ。

多分、今日も、いい日。