涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

運転免許証の更新

今日は一日中雨の予報だった。

 

晴れたら、自転車で、どうにか行けそうかと思っていたけど、カッパを着て自転車で行くことは躊躇した。

歩きと電車で1時間弱。

 

少し面倒にも感じたけれど、今日を逃すと、また、いつ行かれるかわからないので、思い切って出かけた。

運転免許証の更新に。

 

働いているといってもパートだし、PTA役員といっても毎日活動しているわけじゃない。

でも、そこに、家庭の用事を加えると、自分が自由に出かけられる時間は意外に少ないのだ。

 

フルタイムで働いている時期とは、また違う理由でなかなか運転免許証の更新に行く時間が作りにくかった。

 

5年前。

更新前の免許証の写真を見て、思い出してみる。

年齢的には、息子が年中の時か。

 

息子が幼稚園に行ってる時に行ったのかな?

正直あんまり覚えていない。

 

だけど、10年前のことは、よく覚えている。

 

息子がお腹にいて、切迫流産と言われて、絶対安静と言われた時期だった。

 

免許証の更新に行けるか?

行くべきか?

諦めるか?

 

布団の中で悩みながら過ごしたっけ。

 

出血が落ち着いたから、じゃあ、タクシーで行こう。

 

そう決めて、不安に思いながらも、免許の更新に行ったのだ。

 

そうだ。

タクシーの運転手さんが、路地まで入ってくれて、Uターンが大変そうだったな。

 

妙なことばかり、覚えてるものだ。

 

免許の更新も、出産も無事だった。

よかったなぁ。

 

講習を聞きながら、いつも、ちょっと、胸が痛む。

 

ゴールド免許はよいけれど、そりゃそうだ、ペーパードライバーなんだもの。

 

優良講習の何パーセントが、ペーパードライバーかな?

 

高い身分証明書で、親には申し訳ないが、せめて、更新し続けたい。

 

とりあえず、歩行者として、自転車に乗る者としても、安全には気をつけたいと思う。

 

5年後、また、無事更新できますように!