涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

思い出の地で語りながら、気づけたこと!

今日は、学びの仲間と、ランチ&お茶を楽しみました!

 

今から20年以上も前になりますが、銀座にある銀行の支店で、私は、働いていたことがありました。

そのビルは、今から、15年くらい前に解体されました。

 

で、偶然にも、友人が選んでくれたお店が、なんと、そのビルの跡地にあるお店だったのです!

 

しかも、移動してお茶をしに入ったお店は、私が新人の時に、同期と初めてお茶しにいって、食べたミルクレープが美味しい喫茶店でした。

 

時の流れの中で、変わったものと変わらないものがあり、カオスでしたが、タイムスリップしたようで、楽しかったです!

 

時間は、2軒合わせて6時間半。

おしゃべりはとめどなく続きました。

話題は、お互いの近況報告から、悩み相談まで、多岐に渡りました。

まあ、悩みを相談したのは、もっぱら私ですが……。

 

今置かれている、ある意味八方ふさがりというか、万策尽きた感のあった問題について、二人に相談していたら、あら、不思議、まだ、私にできることがあるのではないか? ということに気づくことができたのです。

 

相手を変えることはできないけれど、自分が変わることはできる!

相手が成長する可能性を信じよう!

 

相反するようだけれど、今置かれた状況に絶望するのではなく、何ができるだろう? って考えることで、道が開けるんだなと改めて思いました。

相手も自分もハッピーになれる方法!

 

また、私の進む方向性についても、客観的なアドバイスをもらうことができ、とても参考になりました。

 

しかし、話しながら、ああ、なんて私は欲深いんだろう……とうんざりもしました。

でも、人間だから、それもありですかね?

 

「才能と欲を大切に!」

 

そう言ってくれた仲間に感謝です。

 

こうして、実際に会うことは年に数えるばかりだけれど、時間を忘れて、語り合える仲間がいることは、私にとって財産だなと心から思えます。

 

本当に楽しかったです!

 

また悩みを相談しながらも、泣いたり、笑ったりできるように、日々、さまざまな感情を味わって過ごしたいと思います!