涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

バレーボールの応援とオリエンテーリングのはしご!

昨日の今頃は、まだ、今日、こんな一日になるとは思いもよらなかった。

 

昨晩、一緒にPTAの活動もしている仲間である友達からLINEをもらった。

「PTAのバレーボールの試合があるんだけど、都合どう? 応援に行かない?」

 

私は、正直、参ったな! と思った。

私は、PTAの卓球部に入っていて、年に何回か試合があるんだけれど、そこにいつも応援に来てくれるバレーボール部員でもある友達が出る試合なので、見に行ってみたい気持ちもある。

しかし、家族と約束した、近くの公園で行われる「オリエンテーリング」にも参加したかったからだ。

 

「何時にどこかな?」

行けるとも、行けないとも、答えぬまま、返事をした。

「ちょっとわからないから、確認してみるね! で、行ける?」

 

彼女に、オリエンテーリングの予定があるけれど、できれば欲張って両方行きたいんだよね! という旨を伝えた。

 

バレーボール部員の友達に確認してくれた結果、開会式と第一試合の応援をしてから、大急ぎで戻り、家族と合流して、オリエンテーリングにも参加できそうだとわかった。

 

「確認してくれてありがとう! 少し顔を出す形になってしまうけれど行かせてもらうね! 誘ってくれてありがとう!」

 

斯くして、今日という長い一日が始まった。

 

8:30に家を出て、コンビニで、差し入れを調達。

9:00からの開会式を見守り、9:30からの試合の応援に臨んだ。

 

いつも元気いっぱいで気遣いに長けているTちゃんは、ミスをした仲間に必ず、声をかけアイコンタクトをしていた。

口数が多いわけではないけれど、黙々としっかりとした仕事をこなし、冷静なAちゃんは、さすがバレーボール経験者ということもあり、驚異の運動神経で、セッターとして、的確にボールをさばき、ネット際のプレーもこなしていた。

それ以外にも、見知った顔が多く、誰もが真剣で、彼女たちの頑張りに感動した。

 

試合は残念ながら、負けてしまったけれど、精一杯戦った姿は美しかった。

 

ボールも笛の音も、私たちの卓球大会のそれを比べて、大きく、緊張感のある空気感だった。

 

時計をみると、会場を出ようと予定していた10:20より少し早い時間に試合が終わったので、挨拶をして、家に戻った。

10:30

 

トイレを済ませ、水分補給だけした。

 

11:00までに、受付を済ませないと参加できないということで、気持ち急ぎ足で、公園に向かった。

9:30から11:00までの受付ということで、もうあまり人がいないかと思ったけれど、まだ、受付に来る人たちがいた。

 

あー、よかった!

 

決して家族との約束を、ないがしろにしたわけではなかったけれど、結果的に、後回しになってしまい、オリエンテーリングの目印を見つけたそばから片付けられてしまうほど、時間が押していたらどうしよう? 誰もいなかったらどうしよう? って、また、いらぬ心配をしていたので、ほどほどに人がいて助かった。

けれども、小4の息子と同じくらいの子達は、ほとんどいず、もっと小さい子の親子連ればかりだったのが気になった。

もしかしたら、もっと早い時間だったら、小学生も居たのかもしれない。

 

説明を受け、スタートした。

しかし、ちょっと、がっかりしたこともあった。

内容が、思ったよりも簡単そうだったからだ。

 

目印を探して、スタンプラリーのように、そこにあるホチキスのようなもので、紙に穴を開けるだけだったのだ。

 

f:id:tearsmile24:20181014175528j:image

 

「もう少し複雑なものだと思ってた」

つい、呟いてしまったら、

「俺も」

息子も言っていた。

 

そうは言っても、せっかくだから楽しもう!

気持ちを切り替えて、参加した。

 

9カ所、約45分間。

達成感は、それなりにあった。

 

子どもは、メダルがもらえた!

息子も喜んでいた!

 

よくよくパンフレットをみると「オリエンテーリング“体験会”」と書いてあった。

あーそうか! そうだよな! 親子が対象だものな。

 

物足りなさを感じてしまって悪かった。

むしろ、これを企画して、無料で開催してくれた方々に感謝するべきだ。

 

ありがたい!

 

体験会のおかげで、息子も、楽しめて、もう少し難しいものに挑戦してみたいとも思ったようだ!

今度は、もう少し本格的なオリエンテーリングに、また家族で参加してみてもいいなと思った。

 

自分の運動量は、そんなに多くなかったけど、なんだかいい運動をした後のような清々しさを感じさせてもらったいい一日になった!

感謝!

 

f:id:tearsmile24:20181014175556j:image