涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

年の離れた友だち

大人になると、年齢関係なく、友だちになることが増える。

 

ママ友は、「同じ年の子ども」がきっかけで知り合うけど、本人同士は、5歳とか10歳とか平気で違うし、その違いがまた面白い。

 

ママ友という括りで、さよならする場合もあれば、本当の友だちになれる場合もあるから、人の繋がりに、きっかけや年齢はあんまり関係ない気もする。

 

今日は、年の離れた友だちと、ランチした。

その差はなんと、25歳。

わ。書いてみて、さらに、驚いた。

 

彼女は、年下だけど、もし彼女が、私と同じ年になったら、私は71歳か! わー!

 

娘と言ってもおかしくないほど世代が違うのに、話していると楽しい。

 

出会いのきっかけは、子どもではなく、仕事だった。

 

若いのに、いろいろよく気づいてくれる尊敬できる人。

 

いろいろ悩んだ挙句、同じ職場を辞めた彼女の、新しい仕事をすることになった門出を祝った。

 

私が、もし仮に、年の功で、できることがあれば、私が気づいた彼女の素晴らしい点を、伝えることだと思い、伝えた。

 

そのあと

 

「もしかしたら、もっと何かできたのではないか、とも思ったりもします」

 

そう言った彼女が、美しかった。

 

「そう思える気持ちが、素晴らしいよ」

 

21歳。

羨ましいくらい、輝く年齢だ。

 

私が、彼女と同じ年の時はこんなにしっかりしていたかな。

 

あんまり思い出せないが、多分、目の前のタスクと向き合い、必死ではあったはずだ。

 

そうだ!

できることは、今を生きること。

 

ずっと、続くご縁かは、お互いの気持ちや環境次第だけど、出会えたこと、語り合えたことに感謝して、ご活躍と幸運を祈りたい!