涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

不安定な天気の中、運動会が実施されたけれど……

えっと、今日、運動会、開催されました。

しかしながら、小雨、いや、雨降りしきる中、進められたのですが、残念ながら、あと3分の1を残して、中断となりました。

したがって、10/2火曜日に、残りをやることになってしまったのです。

 

正直言えば、残念です。

スッキリしないし、火曜日は、また、受付やら、来賓のお茶出しやら手伝わないといけないかもしれないし。

会社にも、お休みをいただけるように、他の日との調整をしないといけないしで、あー、どうして、もう少し、もう少しだけ、雨が降るのが遅くならなかったのだろうか? と嘆きたい気分です。

 

あー残念!!!

 

でも、

でもですよ、

最悪ではないんです。

確かに。

 

なぜなら、今日、お弁当を作らないですんだのは、天気が悪いおかげなんです。

午後から雨が降る予報だから、もしかしたら、中止になるかもしれなし、実施できそうだとしても午前中に全て終わらそうと、昨日の早い時間に先生たちが考えてくれて、お弁当なしにしてくれたんです。

 

それに、近くに住む両親が、運動会を見にきてくれたのですが、もしも、朝から雨が降っていて、全てが10/2火曜日になってしまったら、用事があるため見に来ることができなかったから、今日、3分の2、しかも、ぜひ見て欲しかった、短距離走とダンスを見てもらうことができたのは、本当に良かったです!

 

それから、息子が、一昨日あたりから、少し風邪気味だったのですが、今朝、熱もなく運動会に参加できたことや、足の速くない息子が、タイム順で分けられた走り順で走り、4人中、初めて2位になれたこと、雨の中、先生も児童も、一生懸命取り組んでいた姿が美しかったことも、嬉しい出来事でした。

 

また、おそらく、10/1都民の日に、どうにか、息子に私の実家に行って過ごしてもらい、仕事に行くことで、10/2に行われる運動会の続きも、見られる目処がついたことも、感謝すべきことです。

 

それぞれは、当たり前ではなく、ありがたいことなのですよね。

 

実は、それ以外にも、小さなモヤモヤがあるのですが、自分の感情を認めた上で、冷静に考えてみれば、それほど、大きな問題ではない気がしてきました。

 

今日も、両親が、運動会の後、我が家にきてくれて、一緒にご飯を食べることができました。

来年、同じようにできる保証はないんですよね。

 

感謝の気持ちが溢れてきたら、不満はだんだん小さくなってきました。

 

ありがとう。