涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

初めてのカフェルンゴ

昨日、美容院に行ったと昨日のブログにも書いたのですが、その美容室の側のカフェで軽くランチをしました。

本屋に行ったのは、そのあとです。

 

えっと『セガフレード・ザネッティエスプレッソ』って有名なんですかね?

 

私、一応、東京人なんですが、初めて知りました!そして、入りました。

 

で、初めて「カフェルンゴ」っていうのを飲みました!

 

セガフレ、あ、『セガフレード・ザネッティエスプレッソ』というお店の名前を略してそういうらしいんですが、セガフレは、エスプレッソを中心的な商品としているけれども、お酒類も提供しているから、カフェ・バールという分類らしいです。

 

で、カフェルンゴっていうのは、エスプレッソとコーヒーの中間みたいな濃さだというので挑戦してみました。

 

飲んでみたら、確かに、濃いコーヒーでしたが、エスプレッソほど濃くはなかったです。

 

えっと、あと、そもそもなんですが、エスプレッソって、イタリアの人は、砂糖を入れるみたいですね。

 

私、エスプレッソって、ブラックで飲むんだと思っていました。

あー苦いとか言いながら……。

 

だから、それに準じて、カフェルンゴも砂糖なしで飲んでしまったんです。

ああ、ちょっと苦いなって思いながら……。

 

だから、パニーニは美味しかったんですが、実は、カフェルンゴの印象があんまりよくないんですよ。

あーあ、カッコつけないで、普通にカフェラテ頼んでおけばよかった。

カフェラテに、砂糖を入れて飲めばよかったなって思ったんです。

 

帰って来て、エスプレッソは、砂糖を入れていいんだ。いや、むしろ、入れて飲むものなんだと知って、呆然としました。

 

知らないって残酷ですね……。

 

でもね、いいんです。今度、エスプレッソや、カフェルンゴにたっぷり砂糖を入れて飲むという野望が生まれましたから。

 

知らないって、ちょっと心がヒリヒリするけれど、ワクワクのタネにもなりますから!