涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

両親と兄が、旅行先の北海道で、地震の影響を受けている夜

今朝、午前3時頃、北海道で震度7とみられる地震があったのは周知の通りで、被害にあった方は、今夜は不安な夜を過ごしていると思います。

 

大好きな北海道という土地であること、そして、知り合いもいるということで、私も気になっていますが、さらに、今、偶然にも、私の家族が北海道に旅行しているので、本当に気がかりです。

 

昨晩から今朝にかけては、家族は、阿寒湖の近く泊まっていたようで、今朝メールを送ったら、「大丈夫だよ!」という返信が母からすぐに来て一安心しておりました。

おそらく、地図からすると、震度4くらいだったのではないかと思います。

 

それでも、いつ帰るのか? 今日はどこに向かうのか? どのような状態なのか? わからず、色々、質問しました。

 

すると、帰るのは、明日9/7で、これから、どこに向かうか考える! ということでした。

物足りない回答だったのですが、遠隔で、ヤンヤヤンヤと言っても仕方がないと思い、「気をつけて!」とメールをし、今日、一日を過ごしました。

 

もし、私だったら、例えば、旅行の行程を変更して、現在、被害の少ない釧路とかに移動して、できれば、今日中に帰る道を選択するかな? などと考えていたのですが、夕方に電話したところ、十勝のホテルに着いたというのです。

 

地図を見ると、100キロほど。

状況はわからないのですが、家路を急ぐというよりは、予定通り観光したような気がしました。

「観光したの?」って聞きそうになって、やめておきました。

 

じゃあ、何も支障がないのか? というと、そうではなくて、信号やさまざまな電気が停電していて、ホテルは、断水でもあるので、トイレも、風呂も使えないし、もちろん、電気もつかず真っ暗だというのです。

どうにか、陽が落ちないうちに夕食を食べて、あとは、寝るしかないという状況のようでした。

 

電話の時間は短かったので、詳しくは聞いてないのですが、地震後もおそらくは、行程通りに進もうとし、明日もできうる限り明日もそうしようとしているのだと感じました。

明日、夜の便で帰る予定だそうです。

 

おそるおそる

「飛行機飛べそう?」

そう兄に聞いたら

「わからないけれど、旅行会社の人が、飛ぶ可能性ありますって言うから」

と言われました。

 

私も不確かなことしかわからないので、不安を飲み込んで

「そうか! わかった!」

と言いました。

 

驚いたのは、ツイッターくらいしか、情報が取れないというのです。

まさかこのような事態になると思っていなかったので、ラジオは持っていなかったようですし、テレビもつかないから、何もわからないと言っていました。

 

友達がfacebookで共有してくれた、NHKオンラインがもしかしたら役に立つと思い、メールにリンクを貼って送るねと言った矢先、電話が切れました。

 

www.nhk.or.jp

その後、電話をしても繋がらなくなりました。

 

とりあえず、リンクは送ったのですが、見ることができたか、役に立ったかはわかりません。

 

世界中や日本中で、色々な災害が起きると、心を寄せていたつもりでしたが、やはり、家族が渦中にいると、その比ではありません。

 

しかし、私が、遠くで不安がっていても、何にもならないので、自分の生活を粛々をこなしつつ、有益な情報がもし手に入ったら、どうにか伝えたり、無事を祈ったり、できることをしようと思います。

 

最近、さらに、目が不自由になってしまった母と、体調も万全でない父を連れて、旅行に行った兄に対して、旅行自体を止めたい気持ちも実はあったのですが、兄なりの愛情表現として、黙って送り出していました。

 

結果的に大変な事態になっていますが、今、3人の家族が無事でいることを喜び、無事に帰ってきてくれることを願おうと思います。