涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

残念に感じた一日を振り返ってみたら……

昨日、旅行から帰ってきたから、大量にあった洗濯をした。

 

息子がプールに行っていた間に、買い物に行って掃除した。

 

お昼ご飯食べたら、仕事のことが気になって、同僚にリマインドした。

 

午後には、息子の夏休みの宿題が気になり、サポートした。

 

そしたら、夕方になっちゃって、ご飯作って食べたら、夜になっちゃった。

 

あー!

読みたかった本が読めなかった。

書きたかった文章が書けなかった。

 

自分がしなかっただけなのに、誰かのせいにしたくなってる。

 

人のためにやったとしても、それは、自分がやりたかったからしたんだよね。

 

それに、できたこともたくさんあったよ。

 

洗濯がすっかり乾いたのも晴れたおかげ。

プールにすんなり息子が行ってくれたのは、彼が成長したから。

仕事ができるのも、私を信頼し、任せてもらってることがあるから。

 

「ない」ではなく、「ある」に注目したら、残念だと感じていた一日が輝いて見え始めた。

 

疲れて眠いけど、ぐっすり眠って疲れを取るチャンス!

 

明日もいい日にしよう!