涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

昨年よりも、夏休みの時間の流れが速く感じられる訳

息子の夏休みもあと半分。

 

夏休みに入る前の予想では、あと半分になった時点で

「ああ、まだ、半分もある」

って半ばうんざりしているはずだった。

 

しかし、不思議と今年の夏休みの時間の流れは、非常に速く感じられ

「え? もう半分終わっちゃったの?」

って思ってるから、そのことにとてもびっくりしている。

 

どうして、そんなに、違いがあるのかな? って考えてみたら、

①息子が成長して来て、だんだん手がかからなくなって来ていること

②私がパートを始めたことで、一週間のメリハリができたこと

③さらに、私がパートを始めたことで、四六時中、息子と一緒に過ごしていないから、一緒に過ごしている時間が新鮮なこと

 

そんな感じかなぁ……。

 

そう考えると、パートに出ていることによって、気持ちの切り替えができているということになる。

 

私を雇ってくれて本当にありがたい!

 

そして、私が、パートに行く時間、息子のことを見ていてくれる旦那や、両親にも感謝の気持ちでいっぱい!

 

もちろん、息子にも、日によって、私の都合で、あちこちに移動させてしまっているけれど、文句も言わずに付き合ってくれて、感謝!

 

今日も仕事帰りに、実家に寄って、息子をピックアップし、帰って来てからは、夕食づくりをして、クタクタではあるけれど、人の役に少しでも立てたと思えることができるから、私は幸せなんだなって思う。

 

私みたいに放っておくと、息子の一挙手一投足を凝視してしまうタイプは、離れて過ごす時間があった方が、お互いに、精神衛生上良い気がする。

 

だからこそ、自分のために、使う時間は、罪悪感を感じず、楽しめばいいと思った。