涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

誘いに乗ることで、波に乗ってみることも良かったりする

今日もPTAの卓球に行ってきた。

今日も卓球の練習日だということはわかっていたけれど、行こうかどうかは、朝のうちには決めていなかった。

行けたら行こう……。

そうだなぁ、50%50%だったかなぁ。

もしかすると、行かない方が若干高かったかもしれない。

昼になっても、そんな感じで、夕方の17時過ぎまで、迷っていた。

行かない方が朝や昼よりも高くなって80%くらいの割合で行かないって思っていたのに、とりあえず仲のいいママ友に、「卓球行く?」って聞いたら「迷ってる」と言われて、「私も」と答えた後、「やっぱり行こうと思うんだ。一緒に行かない?」って言われて、重い腰が上がったというわけだった。

半ば行きたくない気持ちもあったわけだけど、行ってみたら、楽しくて、もっと上手くなりたくて、いい汗を流すことができたのだ。

 

今の状況を、見回してみて、誘ってもらって、その誘いに乗ったことから始まったことがたくさんある。

 

今の仕事だってそうだ。

「手伝ってくれない?」

って言ってもらって、まだ子どもが小さいから、長い時間働けないし、突然休ませてもらうこともあるかもしれないって言っても、それでもいいよと言ってもらったんだ。

本当にありがたいご縁で、こうして働けている。

 

卓球部だって、PTAの役員の仕事だって、「どう? 一緒にやらない?」って声をかけてもらったことから始まった。

 

もちろん、気が乗らないことや、どうしてもやりたくないことは、断っていいと思うし、断るべきだと思う。

 

でも、ちょっと気になっていることを、誘ってもらった時、心が動いたら、その波に乗ってみるといいことがある気がする。

 

誘ってもらうことって嬉しい。

誘ってもらって、様々な理由で、断ることはつらいけれど、それでも声をかけてもらうことってありがたい。

 

そう考えてみると、私って、人を誘うことって、少ないような気がする。

どこかに行きたいなと思っても、だいたい一人で行く。

もちろん、たまたま、興味が合致するときは、人と一緒に行くけれど、わざわざ誘うことは少ないなぁ。

 

断られることが、なんとなく、つらいし、「断らせてしまったこと」に対して申し訳なさも感じるんだな……。

 

なんだか矛盾している気もするな……。

 

「この人、これに興味がありそうだな!」

「これは、この人に勧めたい!」

 

そんな風にもしも情熱が湧いたら、今度、人を誘ってみようかな。

だって、その人が、私みたいに、その波に乗って、新しい何かと出会えるかもしれないから。

 

だけど、ちょっと怖いな。

だから、誘ってくれるって本当にありがたいことなんだな!