涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

「べき」と「たい」の迷い以前に、どっちの「べき」を選べばいいか、わからない問題

子どもを学校に行かせてもいいか?

休ませるべきか?

 

今、私が優先するべき役割は、母としてなのか?

社会人としてなのか?

 

子どもの具合が悪くなったとき、毎回、裁判にかけられたような気になる。

 

本当なら、目の前の、具合が悪くなった子の心身を一番に考えるべきが、気持ちがフワフワとあちらに行ったり、こちらに行ったり……。

 

昨日から、息子の調子が良くなかった。

それは、わかっていたけれど、これくらいなら、学校に行かせたあとに、病院へ行けば良いかな? って、思っていた。

 

だけど、旦那が

「学校に行かせちゃ、可愛そう」

と言った。

 

そうか!

ああ、そうかもしれないな……でも……。

 

「会社休めそう?」

「……」

 

即答できなかった。

会社の人たちは優しいから、きっと、お大事にって言ってくれる。

でも、多分、すごく困るんじゃないかな、特に、今日は。

 

「もし、無理なら、俺が休もうか?」

「え?」

 

本音を言えば、助かったし、嬉しかった。

でも、ココロがザワザワした。

甘えていいのか?

本当に?

 

母として、仕事を選んでいいだろうか。

でも

 

「お願いします」

 

苦しかったけど、そう言えて、楽になった。

そして、不思議なことに、息子の体調を気遣う余裕ができた。

 

もうすぐ、10歳になる息子だけど、そういえば、旦那と息子2人で病院へ行ったことはない。

 

いつも、私が関わっていた。

 

だから、きっと、旦那もドキドキのはずだ。

でも、引き受けてくれた。

ありがたい。

 

出来うる限りの引き継ぎをし、旦那に託した。

 

ありがたい気持ち。

申し訳ない気持ち。

心配な気持ち。

 

ココロには、たくさんの気持ちがあるけれど、ここは、すっかり、甘えて頼って、仕事を遂行させてもらおう。

 

母としてより、社会人としての役割を選んだ私……。

いや、選べたんだ。

 

そのことに感謝して、頑張ってこよう。

 

万が一の緊急事態に備えて、スマホは気にしながら……。