涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

支えてもらって、できてること

家族のバランスって、本当に大事だなって思う。

 

子育ては、旦那と2人でやってるとは思うものの、メインは、母親の私だって、内心思ってるところはある。

 

だけど、この前、ああ、旦那に支えられてこそ、繊細な息子の子育てができてるんだど、改めて感じたのだ。

 

普段は、息子の気持ちが揺れて、それに私が引っ張られて、今度が私がグラグラに揺れて、旦那に愚痴ると、冷静にアドバイスされ、持ち直す。そんなサイクルだ。

 

だけど、この前、旦那が、息子の気持ちに引っ張られてというか、状況に愕然として、無口になってしまった。

 

そうしたら……。

 

旦那にかける言葉が私の頭の中を探しても見つからず、状況を取り持つこともできず、我が家から音がなくなった。

 

苦しかった。

その空気感たら、なかった。

 

ああ、いつも、旦那に支えられてるな、と感じたというわけだ。

 

旦那は、自分で気を取り直し、一晩だったら回復してくれた。

助かった。

 

「いつも、ありがとう」

自然とその言葉が出て来た。

気づいたら、涙が流れてきた。