涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

スイミング習い始める時期

「◯◯も、スイミング通えばいいのに」

スイミングスクールのある日、嫌だ嫌だという息子がそんなこと言うものだから驚いた。

 

◯◯くんとは、息子のクラスメート。

 

でも、確か、彼のママと息子がスイミングを習っていると話していた時に、

「習いに行ったら? とは言ったんですが、◯◯は、まだいいって言うんですよ」

そう笑顔で言っていた。

「中学生くらいでいいってことですかね?」

「いえ、50歳になったらって言ってます」

「え? 50歳ですか?」

正直驚いた。

 

息子たちはまだ10歳。

人生100年時代と言えども、かなりのロングスパンだなと思った。

何か只者ではない気がした。

あ、◯◯くん、小4にして、元素記号にもう飽きたと言ってたなぁ。

 

そんなことを思い出して

「◯◯くんは、50歳になったら習うって言ってたよ」

息子に伝えてみた。

「え? もう少し早めに習った方がいいんじゃないかな? だって、学校でクロール泳ぐように言われたら、困るじゃない?」

「だよね」

 

息子が、いつも、私が息子に言うことを言っていて、複雑な気持ちになった。

 

息子は、スイミングスクールにイヤイヤでも通い続けて、大分泳げるようになったし、気持ちも強くなれた気がする。

 

だけど、◯◯くんのママの顔を思い出し、お子さんの気持ちを尊重し、笑顔でいる強さに圧倒されたのだ。

 

人それぞれだけど……。

我が家は我が家で考えてのこと、だけど……。

 

あ。

そうか。

 

どっちでもいいんだな。

どっちもきっといいんだよな。

 

なんかそう思えてホッとした。

 

息子が、今日、笑顔で、スイミングで知り合った仲間と笑い合っていたのをみて、また、ホッとした。

 

うん。

これでいい。

 

とりあえず、だけど、いいことにしよう。