涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

仕事中の歩数が多いということは、無駄な動きが多いのだろうか?

今日の歩数は、15,725歩!

結構歩いたなぁ!

 

私は、仕事に行くと、結構移動が多いので、歩く。

 

仕事柄、年金事務所とかハローワークとかに行くこともあるけれど、そういった用事がなくても、複数の店舗を回って書類などを受け取るので、結構歩く。

 

今日は、時間によって別の場所でやることがあったから、何度も往復した。

 

疲れる部分もあるけれど、運動だと思うと、プラスに感じる。

ただ心配なのは、非効率でないか? ということだ。

 

本当は、その移動時間を別の作業の時間に当てられるのではないか? と考えると不安になる。

人に頼むことができたかもしれない。

 

しかし……パートという立場だと、人件費の単価が安い私がやった方がいいだろう! とか、明日やればいいかもしれないけれど、明日ちゃんと仕事に来られるかどうか保証もなく、気がつくと、今日のうちにやってしまおうと思っている。

それは、子どもの体調不良も含めるとリスクが人に倍あるから、そういう発想に繋がるんだと思う。

そして、結果、必然的に歩数が多くなるのだ。

 

ベストは、どうだか、正直わからない。

だけど、ベストはどれだろう? と、もしも5分間、その場でじっと考えているよりも、手や足を動かした方がいいような気もする。

うーん。なかなか悩ましい。

 

とりあえず、その時、自分がいいと思ったことをして、もしも、周りの人から、自分が気がつかない点を教えてくれてアドバイスしてくれたら、それを素直に聞く柔軟性を持ち合わせて置こう。

 

そういえば、仕事の効率は、それなりに考えるのに家での作業については、朝の家事くらいしか効率性を考えていないかもしれない。

 

ということは、伸び代があるということだ!

 

なんだかんだと、バタバタで過ぎてしまう、夕方から就寝までの時間をもう少し効率的に過ごすことができたら、気持ちにも余裕が生まれるかもしれない!

 

そうだ! 早速、今晩から、工夫してみようかな!