涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

それぞれのバレンタインデー!

あ、もうすぐ、バレンタインデーだ!

買い物中に思い出した。

 

毎年、旦那と息子には、ささやかながらチョコレートをプレゼントしている。

あ、買ったやつだけれど。

 

実家にいるときは、父と兄にプレゼントしていて、結婚してからも、息子が生まれるまでは、わざわざ届けていたけれど、今は、もうプレゼントしていない。

 

自分が小学生とか中学生の時は、バレンタインデーは特別なものだったし、好きな子に、チョコをプレゼントするとかしないとか、ドキドキしていたけれど、そう言えば、男側の気持ちをあまり考えたことがなかった。

 

周りの子がもらっているのに、ひとつも、もらえない寂しさ。

もらえたけれど、あまり好きではない子からもらってしまった困惑。

なんとも思っていなかった子からもらったことで意識し始めるときめき。

大好きな子から、義理チョコだと言われてもらった戸惑い。

大好きな子から、本命チョコをもらった幸せ。

 

色々な思いがきっとあるんだろうな。

 

息子は、まだ、本命チョコとやらをもらったことがない。

まあ、小学3年生だから、もらえる子の方が少ないのかもしれないけれど、周りには、放課後わざわざお家に届けたりする子もいるというから、母として、わずかばかりだけれど、ざわざわする。

まあ、もらったらもらったで、お返しをどうするのかとか悩ましいと思うけれど、息子の心中を察すると、どうしたものやら。

 

幸い、まだ、本人は、あまり気にしていないようだし、まだ、私のことを大好きなようだから、ささやかなプレゼントで満足してもらえたらいいな。

 

バレンタインデー。

いつしか、家族にチョコレートを渡す日になっているけれど、若い頃は、それなりに、ドキドキソワソワしていたっけ。

 

そんな幼い日のことを今から、1年半ほど前に、天狼院書店で受講していたライティング・ゼミの課題で書いて、天狼院書店のホームページに載せてもらった。

ああ、確かにこんなことあったなぁ。

 

もしも読んでいただけたらありがたい!

 

ホワイトデーにスポーツバックの中に包みが入っていたから…… | 天狼院書店