涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

演劇『殺し屋のマーケティング』を観てきました!

演劇『殺し屋のマーケティング

観てきました!

 

いやぁーよかったです!

 

原作は、もちろん読んで行きましたし、ストーリーはわかっていたのですが、役者さんたちが、それぞれの個性を発揮して輝いていて、物語の中にグッと引きこまれました。

ラストに近いシーンで、泣きました。

 

頭の中で思い描いていた世界と重なったり、それとは異なっていたとしても、違うという感想ではなく、そういうことだったのかと世界が広がるような演出でした。

 

演出家の中村雪絵さんをはじめ、役者のみなさんが全力で作り上げていたことは知っていたので、期待していったのですが、それ以上の感動をもらいました!

 

ああ、また観たいなぁ。

 

次のチャンスはまだわからないから、ひとまず、今日の演劇を思い出しながら、また、小説『殺し屋のマーケティング』を読んでみようと思います!

 

前回とまた別の世界に連れて行ってもらえる予感がします!

 

まだ小説を読んでいない方はぜひ!

 

 

殺し屋のマーケティング

殺し屋のマーケティング