涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

もしもゲームなら、この困難は楽しいはずだ!

自分なりに、効率を考えて仕事に取り組んでいるはずなのに、思いがけないハプニングが起きて、予定通りいかず、不安を抱えたまま家路についたり、卓球の練習でも、コーチ役を買って出てくれたママ友のアドバイス通りに体が動かず、なかなかうまくならない……。

 

その他にも、大小さまざまな「思い通りにいかないこと」や「できないこと」に囲まれているなとつくづく思う。

 

だけど、もしも、これがゲームだとしたら、挑み甲斐がある、いいゲームなのではないだろうか?

きっと、これらの困難は楽しみ以外の何ものでもないはずだ!

 

なかなかゴールできないから、どう攻略しようかと考えて、いろいろ試して、失敗したり、酷い目に遭ったりしながらも、少しずつ強くなって、うまくなって、そして、納得する形で、ゴールするんだ!

 

今は、単なる、実力不足。

問題や課題をクリアするごとに、多分力がついていくはずだ!

「できない」を「できた」に変えるために、挑んでいるんだ!

 

不甲斐ない、できない自分を認めて、悔しさをばねに頑張ってみよう!

 

さっき、顎をあげて空を見上げることができたから、大丈夫な気がしてきた!