涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

仕事がある日の前夜の祈り

明日は仕事という夜は、息子の様子が特に気になる。

 

明日の朝、熱は出ないだろうか?

ちゃんと、起きて、機嫌よく、いや、機嫌は多少悪かったとしても、スムーズに家を出て、学校へ行ってくれるだろうか?

 

どうか、元気なままでいてください。

 

息子の寝顔に祈りを捧げ、朝を迎える。

 

「頭が痛い」

「鼻水がたくさん出る」

 

「そっか。寝不足かもしれないね。今日こそは早く寝ようね」

「それは大変だ。ちり紙を多めに持って行きな」

 

まるで、クレーマーを煙に巻くように、ひきつった笑顔で対応しながら、どうか熱だけは出ていませんようにと願う。

 

働き出して、仕事は楽しいけれど、前の晩から当日の朝までのこのドキドキは、なかったらいいなと思う。

 

世の中のワーキングマザーの皆さん、特に、フルタイムで働くみなさんは、こんな思いを毎日続けているのだろうな。

 

どうしても具合が悪くなってしまった時は、休んでいいよと言ってもらってるけれど、なるべくなら、元気で過ごせるように、体調管理に気をつけようと思う。