涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

息子の自転車安全教室の顛末

昨日、息子の自転車安全教室の当日だった。

 

何日も練習してどうにか乗れるようになったのに、結果的には、見学したらしい。

 

理由を聞かれて

「曲がれないから……」

と先生に言ったらしいのだ。

 

まあ、確かに狭いところはまだ小回りできないかもしれないけれど……。

 

カラーコーンを倒さないようにジグザグに走ることができないと判断して、自ら見学を申し出たようだった。

 

「ふーん。そっか……」

 

息子には申し訳ないけれど、少しがっかりはした。

せっかく乗れるようになったから、トライくらいすればいいのにと正直思った。

 

だけど、仕方ないか。

違う人間だし。

 

できないことをできないとちゃんと先生に伝えて、見栄を張ることもなく見学した姿勢は、それはそれですごいことなのかもしれない!

 

「また練習しよう」

「うん」

 

ここ数日の練習は、全くの無駄ではないと思いたい。

まっすぐしか漕げなかったとしても、全然乗れなくて見学するよりはきっと、息子の気持ちは軽かったはず!

 

一晩経って、息子が

「昨日さ『曲がれないからって言っちゃったけれど、正確には回れないだったとさっき気づいたよ」

と言っていた。

 

同じ物事に対して、息子の捉え方と、私のそれが違うんだと感じて、なんだか可笑しくなって、笑った。