涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

バナナ売り場がレジ前にある理由を推理してみた!

今日、スーパーに買い物に行ったら、セルフレジのすぐ脇に、バナナが山積みされていたんです。

 

以前、何かのテレビ番組で、パン売り場がレジのすぐ近くなのは、入り口から入って、順番に品物を買っていく流れで、一番最後に潰れやすいパンを買い物かごの一番上に乗せるためなんだと聞いたことがありました。

 

だから、バナナの売り場が最後なのは、とても不自然に感じました。

何か、特別高級なバナナとか、特にいつもより安いというわけでもありませんでした。

 

ちょうど、バナナを買い忘れて、売り場に戻ろうとしていたので、ある意味私に取ってはラッキーだったのですが、まさか、私のためにそこにあるわけないので、理由を考えてみました。

 

いつものバナナ売り場で、イベントというか、特別な商品を売っているのかな? と思って、人と人の隙間から売り場を覗くと、そこには、いつもと変わらぬ状態で、バナナ売り場がありました。

しかも、エスカレーターのすぐ下の、お買い得商品のコーナーにも、いつものバナナが大量に……。

 

これは、もしや!? あれかな?

 

発注ミスかな?

 

10箱を100箱とか、入力ミスしたのかな?

担当の人すごく怒られたのかな?

 

バナナ売り切れるといいな!

間違えて発注したのが、バナナでよかったのかな?

もしかしたら、日持ちするものの方がラッキーだったかもしれないけれど、もやしよりは、消費者もついでに買う確率高いかな?


どうせなら、お菓子売り場にも置いちゃえば、高いお菓子をねだる小さな子の気持ちを紛らわすために、バナナをカゴに入れるんじゃないかな?

 

などと、どうでもいいことを考えながら、品物を袋づめしました。


さすがに、悪趣味かな? と思い、理由を店員さんに聞くのはやめておきましたので、正解はわからないのですが、みなさんは、何故だと思いますか?