涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

お友だちが転んでしまって……

息子が帰ってきて泣きました。

理由は、お友だちが転んで

泣いてしまったから……。


同級生の女の子が

鼻を擦りむいてしまったそうです。

 

「僕、お大事にって言ったんだ」

と言ったかと思うと

まるで本人のように

泣き始めてしまいました。

 

転んだことになのか?

泣いていたことになのか?

その傷になのか?

 気持ちを感じやすいからなのかな?

 

ひとしきり泣いて

鼻をかむと落ち着きました。

 

「○○ちゃんのママに様子を聞いてみるよ」

というと少し安心したようでした。

 

ママに聞いたところ

泣いてはいたけれど

すぐに遊びに行ったそうで

一安心です照れ

 

自分が転んだわけじゃないのに

なぜ泣くんだろう?

って実は少しは思いますびっくり

 

だけど

そうやって相手に気持ちが寄り添えたことを

みとめたいと思いましたおねがい

 

この感受性を

このまま持っていて欲しいような……

このままでは生きづらいから

少しずつ鈍感になってほしいような……

 

親としては複雑ですが

できるだけ

息子のありのままを

受け止められる母でありたいと思いますウインク