涙と笑顔のあいだ

ひといちばい敏感な小学生ひとりっ子男子の子育てを通し、母として成長させてもらいながら「ライター・小説家」になる夢も諦めない40代主婦のブログ

学びの実践や気づき

あれ? あの子と仲良くなったの? って驚いて、気づいたこと!

息子の交友関係が、年々複雑になってきている気がする。 昨年度から、同じクラスだったはずなのに、昨年の今頃は、全然仲良くなくて、今年度になってから、仲良くなったふたりの友だちと、今では、学校の中で、3人で、ずっと一緒にいるという。 それだけなら…

苦手なものを誤解している可能性

顔を合わせること。 会話をすること。 あまり得意でない人ほど、それが大切だと感じる。 人づてに、聞いた噂。 文字だけで、やり取りした印象。 それらの限られ、偏った情報だけで、思わず、マイナスの感情に包まれることがある。 なんか嫌だな。 合わないな…

Google Analytics グーグル アナリティクス を入れてみてわかったこと!

ブログを書き始めて久しい。 約3年になる。 書きたいことを書いている。 読んでくれる友達もいる。 そのことには、本当に感謝しているのだけれど、なかなか、いわゆる「読まれるブログ」には育っていない。 育て方が間違っているのだと思う。 努力も足りない…

息子との読書会! 『気持ちを「言葉にできる」魔法のノート』①

今日は、3連休の2日目。 夕方には、私は地元のお祭りの作品展の手伝いがあるから、午後から、旦那と息子が行った鉄道フェスタには行けなかったのだけれど、それは、午前中に起こった。 午後からのお出かけの前に、今日の分の勉強をしておいてほしくて、午前…

「このままでいいのか?」と考える癖、また、出ましたが……

私の癖のひとつは、なかなか厄介なものだったりする。 いろいろと新しいことに挑戦し、うまくいったり、そうでなかったりしながら、試行錯誤して、どうにか、軌道に乗ってくると、「このままでいいのか?」という思いがむくむくと湧き上がる。 軌道に乗ると…

『骨を弔う』を読んで

一年前の今頃は、私は、文章の教室で、フィクションを書く勉強をしていた。 フィクションを書く、と言っても、長編小説ではなく、あくまでも、原稿用紙15枚程度のショートストーリーだったけれど、それでも、頭を捻りながら、構想を考えて、週にひとつのペー…

気づきを重ねて、できるもの

どうして、あの頃、あんなにも、自信満々で、悟りきったように振舞っていたのだろう……。 小学生、中学生だった頃の私は、傲慢で、正義感を振りかざし、自分はとても正しいことをしていると思い込んでいた。 なぜ、大人たちは、何が正しいのかわかってるはず…

「たい」を尊重し、緩んだ財布の紐

3ヶ月前に、お気に入りの美容師さんが、転勤した。 5つ先の駅にある新しいお店まで、追いかけて行って、今日は、2回目のカットデーだった。 前回は、慌ただしく、その街を去ってしまったけれど、今回は、ちょっと時間もあったので、カフェでランチをし、見つ…

一筋縄ではいかない環境にいる意味を考えてみた

例えば、愚痴をこぼしたくなるほど大変な状況に身を投じている状態で、信頼できる人の前で、散々、愚痴った挙句 「じゃあ、やめちゃえば?」 と言われると 「いやいや、そういうわけじゃなくて……」 と慌てて、言い訳をしている ってこと、あったりする。 や…

私がやりたいことは〇〇で発信することだったのかもしれない!

私は、今、幸せです! もちろん、毎日、悩みは発生するし、問題もたくさんあるし、自分に満点はつけてあげられないけれど、それでも、家族にも恵まれて、感謝ばかりです。 でも、欲張りな私は、物足らないと思ってもいるんです。 こうして、ブログを書いて、…

シマウマVS玉虫

私は、どちらかというと、いや、絶対に、「白黒つけたがるタイプ」の人間だと思う。 世の中、「白黒つけられないことの方が多いよ」「全てに白黒つけようとすると、自分が辛いよ」そんな風に言われて、グレーもありだよな……と、少しだけ歩み寄ることができる…

もしも、私にも、それなりの行動力があるとしたら……

「行動力があってすごいな」 私が、人に対して、尊敬、あるいは、嫉妬する点の一つは「行動力」だったりする。 そして、ある日、実際、それを人に伝えたことがあるのだけれど、その時に意外な言葉を受けた。 「いやいや、あなただって、相当行動しているから…

“デザイン あ 展”へ行ってきました!

昨日、家族で、「デザイン あ 展」へ行ってきました! 東京では、2018年7月19日から始まり、10月18日まで、日本科学未来館で、やっています。 いやー、めちゃくちゃ面白かったです! あー! えー!? おー!! 母音が、何度も口から出ました! 中で写真を撮…

旦那と「自己肯定感」について話したこと

旦那と「自己肯定感」について話した。 「できる自分」ばかりでなく「できない自分」も、「長所」ばかりでなく「短所」も全部ひっくるめて、自分は自分でいいんだ! と思える感覚! 私は、子どもの頃からずっと、自分のことが好きだけれど、それは、「できる…

九死に一生を得ていた友だち!

九死に一生を得る…… よくテレビ番組で、「九死に一生スペシャル」とかがあって、「えー!?」と驚いたり「嘘だろ?」なんて言いながら、見ていたけれど、久しぶりにあった友だちが、まさに、九死に一生を得ていた! それも、一度ならず、二度三度と! 難病に…

「嫌い」と言っていたのに、そうでなくなった理由

昨日、ちょっとびっくりしたことがあった。 まあ、息子の話を聞くと、考え方が、小学4年生当時の私と違う気がして、毎回ちょっとびっくりはするんだけれど……。 昨日びっくりしたのは、好きになれなかった担任の先生が、まあ、好きにまではなっていないにして…

「気づき」は熱いうちに伝えよう!

最近、若者と知り合い、そして、あまり交流できないうちに、会えなくなってしまうことが、図らずも多い。 みな、キラキラした目をしていて、希望に満ちているのと同時に、しっかりと歩みながらも、これでいいのだろうか? と悩んでいるようにも見える。 彼女…

チームなのか? グループなのか?

「チームなのか? グループなのか?」 10日くらい前に、仕事のことで相談した友人に言われて、ハッとした。 いや、ハッとしたんじゃない。 グサッときたんだ。グサッと。 私は、あまり、人に注意ができない。 注意をしようとすると、「これは本当に注意する…

モヤモヤ解消法

今朝は、なんだかコンディションが悪かった。 まだ、眠いのに、目が覚めてしまったのだけれど、少し、胸がムカムカした。 トイレに行くと、お腹の調子もイマイチだった。 ああ。 熱はおそらくない。 万が一熱があっても、仕事だから、大丈夫だと思い込んだ。…

つい夢中になってしまって、息子の〇〇を横取りしていた話

「あれ? なんか調べるんじゃなかったっけ?」 「え?」 「社会の宿題で、『消防の何か』を調べるって、ゴールデンウィークの宿題じゃなかったっけ?」 「あ、そうだった」 【地域の消防施設・設備を調べよう!】という宿題が出ているのを、一昨日くらいに連…

芸人先生! ロバートから学んだこと!

4月から始まった、NHK総合のテレビ番組に「芸人先生」がある。 和牛、バイキングに続き、今週の月曜日は、大好きなロバートだった。 スパリゾートハワイアンへ行き講義! 私は、ロバートの秋山が特に好きで、彼が作り出す個性的なキャラクターに魅了されてい…

片づけたい気持ちが勝った時!

ブログにも何度か書いていますが、私は片づけが苦手です。 それでも時々、無性に片づけたくなります。 そんな時「片づけたい気持ち」と「面倒に思う気持ち」が戦います。 「片づけたい気持ち」が負けてしまうと、結局片づけないことがあり、残念ながら、その…

Excelの計算式!

「勤務時間の合計を出そうとすると計算が狂ってしまうのですが、何か良い方法をご存知ないでしょうか?」 仕事の仲間からそう聞かれて、困った。 私から「合計時間」を出して欲しいと依頼したわけだけれど、私はアナログに計算をしていて、最近、ようやく、…

依頼文の長さ

私が書く「人に何かものを頼むときや説明をするときの文章」はいつも長い。 そういった自覚はあるので、なるべく、「①、②、③……」って箇条書きにするようにしているけれど、その文章が結局長くなってしまう。 あまりに長すぎるからって、短くすると、今度は、…

何に何時間使っているか!?

今日、訳あって、何を何時間やっているかメモしてみた。 すると、思っていたよりも、思わぬ時間を使っていて驚いた。 これに、こんなに時間を使っていたんだ! 少しショックだったのと同時に自分の中に芽生えたものにも驚いた。 同じ結果を出すために、もっ…

繋がれた手

昨晩、母から電話があった。 父が入院し、寂しいと夕方言っていたから、それで電話をかけてきたのだと思ったら、もっと事務的なことだった。 「お父さんの入院の書類に、別世帯の連帯保証人が必要なの。明日会社に行く前に、駅まで行くから、書いてもらえる…

「負けず嫌い」という特徴を生かしてみる!

「ひとしきり泣いた後、何かのスイッチが入ったみたいでさ、気持ちを切り替えて塾に行ったんだよね! 上とは違う」 息子の同級生の女の子が、宿題が思うようにできなくて悔しくて泣いた後、頑張って塾に行ったのだと、ママが言っていた。 女の子にはお兄ちゃ…

世界は知らないうちに少しずつ変わっていくものだから!

今、小3の息子が赤ん坊の頃、母乳が推奨され、抱っこが推奨されていた。 粉ミルクが推奨され、抱き癖が心配されていた時代に子育てをしていた母と、意見が衝突し、善意と正義がすれ違って辛い日々も経験した。 母からしてみれば、自分が信じて疑わなかった…

できることをできるだけやることの尊さ

今日は、非常に忙しい一日だった。 朝は、「母」として、小学校に行き渋る息子の気持ちに寄り添いながらも、どうにか登校してほしい気持ちも強かった。 だから、なんとか励まして、先生に「くれぐれもよろしく!」という旨の連絡帳を書き、学校の門までどう…

全部つながっていると感じられる時

無駄だと思っていた過去の経験 なぜ取ったか理由があいまいな資格 直感的に惹かれた習い事 一見、バラバラに見えるパズルのピースが見事に収まるべき場所に収まり、過去から現在がつながった時、未来への希望が生まれ、エネルギーがみなぎった。 もしも、妊…